情報商材の購入率

困るイメージ

情報商材を選ぶときには、まずは購入率で絞り込みましょう。 まず、インフォトップにログインします。

商品指定リンク作成を押すと 検索フォームが表示されますので、希望のカテゴリを選択し、「EPC・購入率測定期間」を最近1ヶ月にします。 登録日は「全期間」でOKです。
検索してみてください。

「アフィリエイト商品を選ぼう」の下にたくさん商材が並んでいますよね。
その最上行、項目名の一番右に「EPC」と「購入率」があります。 この購入率を選択すると、購入率順に並び替えられます。

EPCとは、「平均してアフィリエイトリンクに1回アクセスされたら、何円儲かっていることになるのか?」と言う数字です。
当然アフィリエイト報酬が高い方が高くなり、1購入までのアクセス数が多ければ低くなります。
しかし、これはあくまで「平均値くらいのアクセス数で購入された場合」の仮定の話です。
私はあまり見ていません。

目安とするのは、購入率です。 これは100アクセスで何本売れたかという数字です。
購入率が1以下ならば、そんなに売れやすいとは言えないでしょう。

ちなみに、アフィリエイト報酬が1円のものが結構あります。 これは、商材製作者がアフィリエイトしてくれるな!と言うものです。
自分の販売サイトで決済フォームが必要なので登録しているのです。 だから、最初の検索画面で、アフィリエイト報酬100円とか1000円以上で検索すると面倒くさくないかもしれません。

購入率1以上を選びましょう。

アフィリエイト報酬額

プレゼントイメージ

アフィリエイト報酬額は、商材製作者が独自に決めます。
もちろん、金額が大きい方が良いのですが、しかし、そのために販売金額も高額なようでは売れません。
中には、なんでこんなに高いのに購入率がいいんだろう??というものもあります。 これは、すでにかなりの信頼を得ていてメルマガ発行数も○万部!!なんて方のことが多いです。

当然、初心者のうちはそんなことは無理なので、販売金額が高いものは除外です。 目安として2万円以内と言うところでしょう。
その中で、アフィリエイト報酬も高いものを選びます。 私は、アフィリエイト報酬4000円以下のものは除外しています。

アフィリエイト報酬と販売金額のバランスのとれたものを選択しましょう。

情報商材のセールスページを見る

キーボードイメージ

数字をチェックしたら、今度はあなたの感性で選びます。

商材一覧の商材名を選択するとセールスページを見ることができます。
そこで、まずは、パッと見で『これ、売れないな!』と思ったら除外です。
購入希望者は、ページが表示されて3秒で第一印象が決まります。 そこで悪印象を持った場合には、それを覆すのはなかなか難しいものです。
だから、まずはパッと見で判断です。

『売れそうだな』と思った商材は、セールスページの隅々まで読みましょう。 読んでいて、『何だか矛盾がある』と思ったら、それも除外です。
真剣に一生懸命作った作者は、セールスページも隅々までチェックするものです。

最後の決め手は、自分が買いたくなることです! これは非常に重要で、思わず買ってしまいそうな商材は、結構本当に売れます!

数字で絞り込んだ後は、自分の感覚を信じましょう。

情報商材と作成者を調べる

メモイメージ

情報商材の選び方、最後には、選んだ商材がどんな評価を得ているのかを調べます。 また、その作成者も調べます。

「情報商材名+口コミ」「情報商材名+ダメ」「情報商材名+評価」などで私は調べます。 それで、本当にダメな商材には、結構悪口が書かれています。
しかし、良い評価は参考にしないでください。
なぜかと言うと、多くのアフィリエイターは売りたいために良いことしか書かないからです。

作者名についても同じように検索します。

ただ、DVDなどは、自分でコツコツやって行く方でないと意味がない!
当サイトでしつこく言っていることですが、アフィリエイトは楽をして稼げるようなものではありません。 がんばろう!と言う方のみ、購入すると良いと思います。

ここまでして選んだ商材は、ある程度のアクセスさえあれば売れることが多いです。

このページの先頭へ